Contents

LEDで電気代を削減

LEDで電気代を削減

オフィスでは…蛍光灯の電気代を削減

オフィスでは書類を見たり作業をしやすくするために、明るさ調整や長時間使用するので省エネ性などが求められます。

そのため、既存の照明をLED照明に変更することで消費電力が約70%削減することができます。
オフィスが明るくなることで作業もしやすくなり、快適なオフィス環境を整えることができます。
また、LED照明は既存の照明と比べ、寿命も長いので交換する手間も減らすことができます。

オフィスの照明を考える際のポイントは、仕事に集中できる環境なのかどうか。LED照明は蛍光灯に比べ、ブルーライトを多く放出しています。ブルーライトは、メラトニンの分泌を抑制し眠気を飛ばす性質があります。眠気を飛ばし集中力の向上が見込めるため、蛍光灯よりもオフィス照明に適していると言えるのではないでしょうか。

オフィス照明をLED化することで、省エネにもなり電気代の削減にも繋がります。

工場では…水銀灯の電気代を削減

水銀灯をLED照明に変えることで安定期が不要となり、電気代も約1/3ほどに。
400Wの水銀灯であれば、約80Wほどで同等の明るさになるため工場などの水銀灯のLED化は非常にメリットがあります。

LED化のメリットは省エネだけではありません。水銀灯の交換には高所作業が伴うことも多く、交換コスト(高所作業車)や手間もかかってきてしまいます。その他にも水銀灯は点灯するまでに5分程度の時間もかかるなどデメリットもあります。

今後、2020年には水銀条例で水銀灯も製造・輸入・輸出の規制対象となるため、いずれ流通しなくなる水銀灯のLED化は検討していく必要があるのではないでしょうか。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業時間 AM10:00 ~ PM17:00
※土曜日・日曜日・祝日は定休日となっております。

ページトップへ