Contents

LEDで電気代を削減

LEDで電気代を削減

オフィスでは…蛍光灯の電気代を削減

オフィスでは書類を見たり作業をしやすくするために、明るさ調整や長時間使用するので省エネ性などが求められます。

そのため、既存の照明をLED照明に変更することで消費電力が約70%削減することができます。
オフィスが明るくなることで作業もしやすくなり、快適なオフィス環境を整えることができます。
また、LED照明は既存の照明と比べ、寿命も長いので交換する手間も減らすことができます。

オフィスの照明を考える際のポイントは、仕事に集中できる環境なのかどうか。LED照明は蛍光灯に比べ、ブルーライトを多く放出しています。ブルーライトは、メラトニンの分泌を抑制し眠気を飛ばす性質があります。眠気を飛ばし集中力の向上が見込めるため、蛍光灯よりもオフィス照明に適していると言えるのではないでしょうか。

オフィス照明をLED化することで、省エネにもなり電気代の削減にも繋がります。

工場では…水銀灯の電気代を削減

水銀灯をLED照明に変えることで安定期が不要となり、電気代も約1/3ほどに。
400Wの水銀灯であれば、約80Wほどで同等の明るさになるため工場などの水銀灯のLED化は非常にメリットがあります。

LED化のメリットは省エネだけではありません。水銀灯の交換には高所作業が伴うことも多く、交換コスト(高所作業車)や手間もかかってきてしまいます。その他にも水銀灯は点灯するまでに5分程度の時間もかかるなどデメリットもあります。

今後、2020年には水銀条例で水銀灯も製造・輸入・輸出の規制対象となるため、いずれ流通しなくなる水銀灯のLED化は検討していく必要があるのではないでしょうか。

LEDの選び方

LED電球の選び方

LED電球選びでは、口金サイズの確認はとても大切。しっかり確認しなければ照明器具に取り付けることができない、なんてことも起こる可能性もあります。
そのようなことのないようLED電球へお取り替えいただく時に、知っておいていただきたい基礎知識をまとめました。

金口の種類

電球の「口金」とは、照明器具に取り付けるためのネジのような形状をした金属部分のことです。口金サイズには種類があり、照明器具の取り付け口に合ったサイズを選ぶ必要がります。

・E26口金(直径26mm)メインのライトなど
・E17口金(直径17mm)ダウンライトや間接照明など

これらはご家庭などで一般的に使われています。

またE11口金(直径11mm)もあります。E11はハロゲンランプで店舗などのスポットライトやダウンライトで使われています。

もし、今お使いのの電球の口金サイズがわからない場合、口金部分の直径を定規で測ればサイズを確認することができます。

LED電球の種類

白熱電球 電球型蛍光灯 LED電球
シリカ球
EFAシリーズ(E26)
一般電球タイプ(E26)
ミニクリプトン(E17)
EFAシリーズ(E17)
LEDミニクリプトン(E17)
ボール球(E26)
LEDボール球
レフ球(E26)
LEDレフ球(E26)
ミニレフ球(E17)
LEDミニレフ球(E17)
ビーム球
LEDビーム球
ハロゲンランプ
LEDハロゲンランプ
EFDシリーズ(E26)
LED T型(E26)

LED電球の形には「電球タイプ」や「T形タイプ」「ボール電球タイプ」など、用途に応じて様々です。
取り替える時に異なる形状のLED電球を選ぶと、お使いの照明器具や使用場所によっては使用できない場合があるため注意が必要です。

LEDの明るさの指標

LED電球の明るさは、全光束(lm:ルーメン)で表記され、数値が高いほど明るくなります。

LEDの明るさの目安

下表を参考にしてください。
LEDの明るさの目安、ルーメン(lm)値です。現在の電球のW数と比べてください。
ルーメン(lm)値は商品パッケージにも記載されています。

従来の表示との比較 一般電球形
(口金E26)
小型電球形
(口金E17)
ボール電球形
(口金E26)
電球100形相当 1520lm以上 1430lm以上 1340lm以上
電球60形相当 810lm以上 760lm以上 700lm以上
電球50形相当 640lm以上 600lm以上  
電球40形相当 485lm以上 440lm以上  
電球30形相当 325lm以上    
電球25形相当   230lm以上  
電球20形相当 170lm以上    

LED電球の光の向き

光の広がり方は、光の方向や広がる角度(配光角度)によって、

全方向タイプ(約260°)
広配光タイプ(約180°)
下方向タイプ(約140°)

3タイプに分かれます。全方向タイプは白熱電球に近い光の広がりで、リビングなどにおすすめです。広配光タイプは広範囲を明るく均等に照らすので、ダイニングや玄関など四隅まで明るく照らしたい場所におすすめです。下方向タイプは廊下やトイレ、洗面所など、手元、足元にあかりが必要な場所におすすめです。

LED電球の光色の種類

LED電球では「電球色」「温白色(おんぱくしょく)」「昼白色」「昼光色」の4種類の光色があります。
それぞれの用途や好みに合わせてお選びください。

LED工事について

LED工事について

年間60万本以上の照明をLEDへ交換しています。施設、工場、倉庫、オフィスの現場から、補助金申請など、あらゆる現場に対応。販売店様、メーカー様、商社様、物件オーナー様のあらゆるニーズに応えています。

(各種電気工事)
電気工事会社だからこそできるオフィス、店舗、商業施設に関わる様々な電気工事に対応いたします。

(家電設置工事・販売)
エアコンの脱着、アンテナ工事、食器洗浄機、洗浄便座などの家電製品各種、新設・移設工事に対応いたします。住宅メーカー様、引越会社様、EC運営会社様、メーカー様、様々なお客様のニーズにお応えします。

工事対応エリア

E-CONはLED販売だけでなくオフィスをはじめ工場、商業施設、店舗などのLED交換、ダウンライト交換、安定器交換、ランプ交換など照明や電気修繕に関する工事もお受けしております。

施工先に関わらず全国の幅広い地域にて一律料金にてご提供させて頂きます。

※北海道、沖縄、離島の一部エリアを除く
※一般家庭のLED工事は除く

LED工事費(目安)

直管ランプ
工事内容 数量 単価 備考
直管蛍光灯 20・40形直管工事費
(21本以上)
1本 2,000円~ 基本作業
天井高3.5mまでの作業
(3.5m以上は別途)
110形直管工事費
(21本以上)
1本 2,500円~
20・40形直管工事費
(20本以下)
1本 35,000円~ 基本作業
天井高3.5mまでの作業
(3.5m以上は別途)
110形直管工事費
(20本以下)
1本 40,000円~
ランプ廃棄 40W・20W蛍光灯廃棄
処分及び収集運搬費
1本 600円 1台あたり単価
110W蛍光灯廃棄
処分及び収集運搬費
1本 800円
ベースライト
工事内容 数量 単価 備考
器具交換 20・40W器具工事費
(1灯・2灯共通)
1台 2,000円~ 新設及び交換
110W器具工事費
(1灯・2灯共通)
1台 2,500円~
ベースライト
※器具交換と同じ
20・40W器具工事費
(1灯・2灯共通)
1台 2,000円~
110W器具工事費
(1灯・2灯共通)
1台 2,500円~
器具廃棄 40W・20W形器具廃棄
処分及び収集運搬費
1台 1.000円~
110W器具廃棄
処分及び収集運搬費
1本 2,000円~
配線工事 配線工事費 1ヶ所 10,000円~ 露出(モールなど使用)にて配線延長。
内容により価格変動
照明器具
工事内容 数量 単価 備考
スクエア スクエア工事費
(直付け型)
1台 3,000円~
スクエア スクエア工事費
(埋め込み型)
1台 6,000円~ ボルト長さ調整・部材・加工工賃込み(開口などの工賃はふくまれていません)
ダウンライト ダウンライト工事費
(直管工事有)
1台 2,000円~ 安定器カットランプ交換
シーリングライト シーリングライト工事費 1台 2,000円~
コンパクト コンパクト蛍光灯
交換工事 10台まで
1台 35,000円~
コンパクト蛍光灯
交換工事 10台以上
1台 5,000円~
高天井
工事内容 数量 単価 備考
水銀灯 水銀灯工事費
(4mまで高所作業費込み)
1台 10,000円~ 高所作業車・高所足場・ローリングタワーなどの機材は別途
水銀灯工事費
(10mまで高所作業費込み)
1台 15,000円~ 高所作業車・高所足場・ローリングタワーなどの機材は別途
高所作業車
工事内容 数量 単価 備考
高所作業車 垂直リフター使用料 1基/日 要下見
アーム式リフター使用料 1基/日 要下見
バケット車
(13m)
1基/日 要下見
高所作業器 ローリングタワー
(6m未満 アルミ)
1基/日 要下見
ローリングタワー
(8m未満 アルミ)
1基/日 要下見
高所作業器 ローリングタワー
(6m未満 スチール)
1基/日 要下見
ローリングタワー
(8m未満 スチール)
1基/日 要下見

現地調査

◆現地調査内容
天井高4.0mまでの目視は可能
天井高3.5mまでの作業確認が可能
夜間(22:00 ~ 5:00)は1.25倍
本数・器具種類確認
商品選定は含まれておりません
下記、現地調査料金を基本といたしますが、本数内でも複雑かつ特殊な場合は事前にご相談する場合がございます。

現地調査 直管orダウンライトorスクエア 金額
現地調査A 99本or99台以下 10,000円
現地調査B 100本or100台以上 15,000円
現地調査C 300本or300台以下 要相談

新規会員登録

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業時間 AM10:00 ~ PM17:00
※土曜日・日曜日・祝日は定休日となっております。

ページトップへ